2014年07月05日

特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン

特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン

初版のをかなり持っているのですが、盾がデザイン違いになるので
購入してみました。ぶっちゃけてしまうと本当に盾が違うだけです。

ポーズの自由度も高く動かしたり、他のフィギュアを絡ませて楽しい
商品ですが4mmリボ球の保持力の弱さも相変わらずです。何らかの
改善は欲しいところですが、私の場合はとりあえず分解してクリアタル
ゲルを薄く塗布して組み直してます。(効果は概ね良好です)

本体の頭部は4mm用軸径穴ですが、台座のガイコツの頭部は6mm〜10mmの
リボ球の軸径にあわせてあるので他との差し替え用として重宝します。
こういうさりげない配慮は嬉しいですね。

沢山買ってもファンタジー好きには並べるだけでも楽しい商品なのも
良いですね。
映画『アルゴ探検隊の大冒険』のキャラクターですが、自分はこの映画まだ見ていません(爆)。
ただ、骸骨キャラはRPGなどいろいろなゲームや映画にも出てくるので、汎用性があります。
我が家の骸骨剣士は、アオシマ模型の1/12プラモデル『YAMAHA XJR400R』に槍を持たせて飾っています☆
バイクのプラモを飾っている人には是非オススメのディスプレイの仕方です(笑)
骨なのに表情豊かな感じがして、愛着が湧きます。そのぐらい作りがいいです。
仲間を作って飾りたいと思ったので、特撮リボルテック『タケヤトリロジーBOX』も買ってしまいました。。。
出来は凄くいいただ自立させようとしてもヤリの重さでorzしたり転倒したり、単体ではポーズを保持できないそこだけマイナス。

鎖骨まわり肩の骨が固定なので肩部を後ろに下げる等、一部のポージングが出来ない。稼働不足。
開封日:平成25年6月26日 使用時間:約3時間
総評:骸骨剣士というよりも骸骨の模型。個性も無い只の骸骨の癖に普通のフィギュア以上に楽しめる。初回生産分の盾が付属しない点はとても残念。
原作は恐らく字幕で視聴。

・箱に書かれている字と写真は小さくて見辛い。
・ビニールで挟まれた上から針金で固定されて箱に入っている。
・台座は情景を再現した、リボルテックの中でも豪華な仕様に成っているが、骸骨目当ての人間にとっては造形過剰。本体が只の骸骨で素っ気無いという欠点を補おうとしているのであれば本体を2体入れて欲しかった。台座は骸骨を嵌め難い。台座裏に余った部品をしまえるという発想は親切で嬉しいが裏から眺めても自然に見える収納方法を考えて欲しかった。
・台座の骸骨は顎、肩、手首が可動し武器の交換が可能。台座の頭部は外せるが、本体の頭部が4mmジョイント用の2mm穴が開いているのに対しこちらは6mmジョイント用の3mm穴が開けられているので本体の頭部との交換はできない。外せる事はきちんと明記して欲しい。
・武器の塗装と光沢は金属らしさを出せている。

・本体の色合いは写真よりも灰色がかっている。マット加工の様なサラサラした手触りで、質量も軽く弄っていて本当に骨らしく感じる。反面部品が細いので壊してしまわないか心配。塗料か何かなのか弄っていると細かな白い埃が落ちる。
・服や筋肉が無い分可動範囲は広く、胡座は当然として可動フィギュアが苦手とする体育座り迄可能。正座はできない。反面維持能力は頼りなく、特に顎は勝手に開いてしまう。
・首の骨は台座の骸骨と比べると不自然に太い。この部品は台座の細い物と交換できる様にして欲しかった。
・盾は左腕にしか持たせられない。
・右手首は穴がきつく手首交換がし難い。
・槍の棒部分は持たせる手が左手だとややきついが、右手だと緩くてするする滑ってしまう。
・全身はリボルバージョイントで最も小型な4mmジョイントと径2mmの穴で接続されている為、それ以上の大きさのジョイントと径3mmの穴を採用している殆どのリボルテックとの部品交換は改造無しでは難しい。
見た目に惹かれ購入しました。
良い点は他の方が書かれているので、
残念だった点を多めに書きます。

造形や塗装は写真通りでした。綺麗に仕上がっていると思います。
台座も特リボの中ではかな豪華ですね。付属品も多いです。

ここまでは文句ナシなのですが、
腰と上半身をつないでいるのが4mmリボ球なので
全然形を保持してくれないです。
背筋をまっすぐにした状態か90度お辞儀をした状態でしかかざれません。

似た作りの特リボのジャックは、
棒で固定することができたので問題なかったのですが…
せめてこの部分は特に重さがかかるので大きめのリボ球を使って欲しかった。
あまり目立たない場所ですし。

あと台座も足を一箇所しか固定できないので
ちょっと飾りにくいです。

接着剤等を使えば固定することはできますが、
個人的にアクションフィギュアは動かせてなんぼのものだと思うので、厳しめに評価しました。
他の出来はすばらしいので、上記の点が気にならなければ
満足できる商品だと思います。
購入前から、すでに他のレビュアーの方もご指摘の通り、1月に出た1stバージョンの盾をデザイン違いにしただけなのは解っていたのですが、それでも購入してしまいました。

 私の購入品は新しい盾の腕を通す部分がバージョン1より狭くて、取り付けに苦労しました(写真をアップしました)。
 少し温めて柔らかくしてから嵌めた方が良いと思います
 残った図案の盾は出来れば他のハリーハウゼン・フィギュアにオマケとして付けて頂けると嬉しいです。
 バズの双眼鏡がウッディに付いていた様に。

 初めて骸骨剣士のご購入をご検討中の方には文句無しに推薦申し上げます。
 すでにお持ちの方で複数購入されて骸骨剣士団を作る方も多くいらっしゃると思います。

 人気モデルのバージョン違いが出るのも確かに嬉しいですが、次はハリーハウゼン物でしたら、リボルテック向けのタロスやミナトンも良いですし、難易度が高そうなサイクロプス(是非とも眼の可動付きでお願いします)や邪神カーリを出して頂ければこれに勝る喜びは御座いません。
個体差でしょうが
腰の穴が斜めになっており、上半身を前後に稼働させたい場合、左斜めに傾いた状態で動かさなければなりませんでした。
それに、腰の穴が他の穴より大きめになっており、ジョイントがすぐ抜けてしまいます。

これは全ての商品も同じかもしれませんが、腰を前後に少し傾けると、地面に頭を付けて、お辞儀をしたりのけぞったりします。
腰を屈めて戦闘態勢…みたいなポージングが出来なくて残念です…

盾の凹部に、手の凸部をはめるのでしょうが、大きさがあっておらず、上手くハマりませんでした。足の部分も同じで、地面に付いた凸にハマることは有りませんでした。

それ以外に関しては素晴らしいと思います。
この値段で骸骨剣士に加え、これほどのパーツがついてくるとは思ってもいませんでしたし。
当たり前ですが「盾」が変わっただけですが、これはこれで「アリ」だと思います。ただ今後も再販品をこう言う方法とられると買う側は厳しいですが。
 やはりディオラマが作りたくなります。全員そろえたくなります。非常に想像力の広がる商品だと思います。ハリー・ハウゼン モノも充実させてほしいです。金星龍イーマなんてのは無理でしょうか。市販の象のフィギュアとローマ対決シーンなんて出来そうですが。
ちなみに、この骨格フィギュアを利用して自作ヒーローを作る、と言う猛者がいるそうです。1stバージョン含め末永く販売を続けていただきたい商品だと思います。
リボルバージョイントを
使用していない商品です。
4mmのジョイントなので
採用出来なかったようですが
それなら首、肩、腰などの関節は
ボールジョイントで良かったと思います。
リボルテックとは
言えなくなるでしょうけど。
箱を正面に見て右側面に
リボルバージョイントの説明が
書いてあっただけに
騙された感が大きくショックです。

造形は良かったので最低から+1の
評価にしました。
思っていたより出来がよく、かっこいいです。
ほかにも、バージョン違いで購入して一緒に飾りたいです。
参考資料のためにこれはオススメ!と聞いて調べたころは、1stが販売終了しており高騰・・・

再販を待ち望んでいた時にこの2ndが!
さっそく購入しました。

そりゃもう関節が動く動く(笑)
槍もたせーの盾持たせーの曲げーの動かしまくりました。
作り上できないポージングがあり、これ一つで立たせることは困難ですがお値段的にしょうがないかなーと。

一つ不満があるとすれば、台にカッチリ装着できないこと。
自分のだけなのかな('・ω・`)
あっと言う間に関節が緩むので、メンテナンス用に瞬間接着剤を使うと良いですよ。
差込がゆるくなったら軽く塗って乾かして太くする、関節の回転が緩い場合は中のシャフトを(略
多少器用さが要求されますが、きっちりやればかなり良い感じになります。
ちょっと股関節の付き方と動きが普通の骸骨と異なる事と、腰間接が緩い事を除けば文句なしの逸品。
 複数揃えて遊びたくなる癪な商品ですね。
2nd ver.を初めて購入。
前回のは店頭でも見た事すら無かったのですが、箱の帯には「発売後たちまち蒸発した幻のフィギュア帰還!」とあるくらいなので瞬殺だったのでしょう。
サンプル写真がキレイだったのか、白骨さんだとばかり思ってたら、結構グレーでしたね。元となった映画は知らないけど、箱開いて内側にある写真とそっくりなのが単純に凄いです。

各関節が4mmリボ球で、何しろ骨だから細く、本当に慎重に扱わないと簡単に折れると思われます。
肘と膝を曲げる程度ならそのままできますが、「向き・角度を変えたポーズにしたい時は必ず一度関節を引き抜いて刺し直す」を全身で一か所ずつ行います。でないと高確率でポッキリ逝ってしまう感じです。
これに関してはリボルテックシリーズを弄り続けてきた人でないと少し驚くかもしれません。ポーズつけるのに毎回分解するワケですからねぇ。
関節の保持力も微妙なので、耐久性は限りなく0に近いと言っても過言ではありませんな。

それを乗り越えた人は、この究極のネタ人形の使い所の多さに笑いが止まらないでしょうね。
時期的にジャックスパロウと並べるも良し、まさかのQBレイナと並べてもOK(アニメ流浪第12話)というナイスな奴です。
これは複数買いするのも頷けますね(しかしそんな余裕がなくなる程、最近アクションフィギュアは他にも色々出るのが嬉しい悲鳴)
・注文した3日後の18時ごろに届きました。

・他の方のコメントで「画像より灰色だ」というのが多かったので、身構えていたため、逆に白く感じました。そのくらいの灰色です。

・出来はかなり良いと思います。

私は「2千円で手に入る全身骨格」として人体の勉強がてらに購入しました。

2千円なら十分の出来だと思いますが、脊髄と膝蓋骨、肩甲骨の動きは他の資料が必要です。

・また、槍は手に簡単にはめられますが、剣は注意してください。明らかにはまりません。
(無理にはめようとしたら、そのの日に剣壊れました。)
(温めて柔らかくするか、もう1体は剣が腕にはまった状態だったので、腕の取り替えをするとよいと思います。)
月に一つずつ買っていくぐらい複数欲しい商品

お薦め
おかしいな、他のレビューでほとんどの人が書いてるのに動きが...
えらくパーツが干渉します
解剖学には詳しくないのですが、骨格なんだから人体ができる動きはできるものではないのか
たとえば股裂きができません、足を真横に上げられないのです
あとつま先が下にはよく動くんですが上に全然動かないので、足を引いたポーズで接地が悪い
あと個体差かもしれませんが
膝のリボが真っ直ぐ入ってないのか足が膝で曲がってる
骨の塗装がパーツごとに差がありすぎる
真中の背骨だけが白すぎで目立つよ
ワクワクして開けた分ガッカリが半端ない

いい所は顔と台座
顔は口が開くだけですごく表情豊か
ひょっとしたら絵の練習に役立ったりしないかなぁと思い買ってみたのですが、さすがにそこまでは求めすぎか。
まあそれはともかく、figmaの女の子と組ませると楽しい効果が得られる男優さんですな。イイ。
ジャックスパロウと並べたくて購入しました。

‥が、そんなことや武具がどうでもよくなるくらい変な奴ですwww

特撮リボルテックで一番弄ってて面白いですよこれ♪
のパーツの色が他の部分と著しく違っていたので、メーカーに問い合わせたところ
「写メを撮ってメールで送ってください」と言われ、綺麗に移すため箱から出して撮影し送信して見てもらったところ
「仕様です。」と返信がきました。
特撮リボルテック作っている会社からは二度と商品を買わないと決めたんです。

特撮リボルテック SERIES No.020 骸骨剣士 2ndバージョン

新品価格
¥4,300から
(2014/7/5 21:00時点)


posted by 人体模型/骨格標本 at 21:06| Comment(0) | 骨格標本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。